治験ボランティアの募集に登録するには

治験ボランティアとは

 

治験とは、新薬が発売される前に、その安全性や有効性を確認する臨床試験のことです。

 

治験では、対象となる患者や健常者を募集して、その薬の臨床データをとることで、新薬として承認するかどうかを判断します。

 

治験の主な目的は、処方薬の効果や安全性の確認ですが、健康食品や化粧品などの治験もあります。

 

 

  • 薬の安全性を試験する
  • 薬の効果を試験する
  • 健康食品・サプリメントのモニター

 

 

 

治験は安全性や効果を試験するために行われますが、その対象となる薬がどの段階まで試験が進んでいるかによって、ボランティア募集の対象資格も変わってきます。

 

治験会社はボランティアという言葉を使っていますが、参加した治験の内容によって報酬がもらえますので、治験アルバイトと呼ばれる場合もあります。

 

治験ボランティアに参加するには

 

治験ボランティアは、対象となる疾患の条件を満たしていれば、女性や学生でも成人ならどなたでも参加することができます。

 

新薬の治験ボランティアの場合は、該当する条件を満たしているかどうか厳しくなりますが、健康食品やサプリメント、化粧品の治験であれば、比較的制限はなく、ボランティアに応募することができます。

 

治験ボランティアに応募するまでのステップ

 

  1. 治験ボランティア募集サイトで登録をする
  2. 希望する治験に応募する
  3. 地域別に開催される説明会に参加する(健康診断もあり)
  4. 治験ボランティアがスタート

 

 

治験ボランティアは一定期間入院して行うものや、通院して行うもの、自宅で使用するだけで終わるものなど、募集内容は多岐にわたります。知人や友人を紹介すれば、謝礼がもらえる治験もあります。

 

治験ボランティアの報酬は、期間が長くなるほど高額になりますが、入院の場合の費用や、そのための交通費などの必要費用も負担してもらえます。

 

治験ボランティアの応募条件

 

応募条件については、各治験会社のサイトに条件が掲載されています。

 

ある程度の内容は登録前でも見ることができますが、詳しい条件や報酬については会員登録後に見られるようになっています。

 

 

健康な成人であれば応募できるような治験から、特定の疾患の方に限られた治験、健康食品の治験や健康アンケートなども募集しています。

 

 

扱っている治験の内容は治験会社によって違っていますから、複数の会社にボランティア登録しておけば、メールでも募集内容の情報が送られてくるので、いち早く治験ボランティアの募集を知ることができます。

 

 

治験のメリットデメリット

 

治験ボランティアのメリットは、普通のアルバイトに比べ、時給2万円以上にはなるのが一般的で、アルバイト料に加えて、入院等の場合は食事等もすべて負担してもらえますので、条件に合う治験に参加することができれば、報酬としての魅力もあります。

 

デメリットは、通院や入院のために時間を制約される、食事や運動の制限を守る必要がある、といった条件が付く場合もあります。

 

メリットとデメリットをよく考えて、ご自分の判断で治験ボランティアの参加を決ましょう。

 

治験ボランティアを募集している会社

 

生活向上WEB

 

48万人を超える会員数がいる、臨床試験支援会社のクリニカル・トライアルが運営する治験募集サイト。治験、モニターの内容別、地域や病気別で検索できるので、募集している治験を簡単に探すことができる。

 

 

JCVN

 

任意により組織された医学ボランティア団体が運営する治験募集サイト。東京で毎日2回説明会を開催していて、首都圏での治験の募集が中心。

 

 

新薬ネット

 

治験アルバイトという名目で募集していて、報酬額もサイトから確認できる。有料になるが会員登録をすれば、更に詳しい情報まで見ることができるようになっている。入院型の高額報酬が受け取れる治験も多い。